花粉症の季節がやってきました

とうとう花粉症の季節がやってきてしまいました。風邪に似た症状ですが最近は、頭痛に近い、目の痒さ、くしゃみなど一斉にはじまります。今年は体のだるさもも伴いやる気が削がれる感じがします。

愛用している花粉症対策の製品

目薬 スマイル(ライオン)
マスク 業務用ディスカウント品
ティッシュペーパー スコッティ カシミア
鎮痛剤 ロキソニン

ごくごくシンプルなものを愛用しています。目薬は花粉症むけというようは常用しているものです。花粉症の季節になると使用量が増加します。目を潤す、花粉を洗い流すというような意味合いから、特別な成分が含まれるグレードの高いものではなく、安めのものを購入してたくさん使うようにしています。ライオンのスマイルが低刺激でお気に入りです。

マスクも同じような考え方です。毎日、取替えます。1日に2、3回取り替えることになる場合もあります。ネット通販で業務用のマスクが格安で入手できるので、それを利用しています。

ティシュペーパーが一番気を使います。ふだん使いのティッシュですと鼻が荒れるのでソフトなタッチの高級品を使います。最初はちょっとバカにしていたときもあったのですが、これがバカにできません。非常に助かります。これだけとてもコストアップしますがしかたありません。花粉症でない家族には使用禁止にさせてもらっています。花粉症の症状がでている人だけが使うようにしているということです。

最後の手段が鎮痛剤をたまに使います。頭痛に似た症状となり、ボーッとしている状態になることがありますので、仕事になりません。そんなときは、一時的はありますが、ロキソニンを服用してしまいます。最近は市販薬としても販売されていますので入手しやすくなりました。病院で処方してもらった方が保険も効きますので安く済みますが、花粉症でロキソニンが処方されるかは経験ありません。もともと頭痛持ちでしたのでその症状で処方されたものを流用しています。ロキソニンはとても汎用性の高い鎮痛剤ですので、このような事例で使うことには問題はないと思いますが、病院で正しく指導される方が望ましいとは思います。

花粉症対策としは決定的なものがありません。しかし、いくつか注意をすることで、症状を軽減することはできます。徹底的な花粉の排除を行う。掃除機等により屋内の花粉症を排除する努力をしています。空気清浄機がすごく効果的ですのでお勧めです。この季節、これがないとかなり厳しいです。オフの日はインドア派と化し、空気清浄機を稼動させた部屋で過ごします。

P.S.
一番効果的な花粉症対策は花粉を取り込まない、付着させないことが一番の対策かもしれませんね

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ